絵と旅と花とお散歩

55おじさん会社員の過去に行った旅行の情報、近所のお散歩情報、絵画展の情報を発信します

プライバシーポリシー
スポンサードリンク

横田沙夜さん個展 共存する日々 @銀座ワン

銀座奥野ビルにはたくさんのギャラリーがあります。普段は6階の銀座モダンアートか、せいぜい隣のギャラリーカノンにしかお邪魔していませんが、今日は2階の銀座ワンにお邪魔して、横田沙夜さんの個展を見てきました。 

f:id:take--chan:20180315000730j:plain

 

横田沙夜さん

横田沙夜さんの経歴は

白百合女子大学児童文化学科にて絵本・児童文学を学ぶ。卒業後、水彩画を中心に作家活動をはじめる。

少女画を得意とする。童話や『不思議の国のアリス』などに影響された作品が初期には多かったが、2011年頃に兎の頭を乗せた少女を描いたシリーズで作風が確立し注目を浴びる。

横田沙夜 - Wikipedia

とのことで、元々、絵本や児童文学から入ってきた人なので、美大出身の作家さんとはちょっと異なる経歴を持っています。今まで銀座モダンアートで見てきた作家さんとはちょっと違う雰囲気を持っている作家さんです。

個展:共存する日々

共存する日々

今回の個展では、動物などの生き物と人間の関係性を重視した絵を中心に展示したとのことで、絵本の世界で、動物と人が語り合うシーンを思わせる絵が展示されていました。

横田紗夜

絵の雰囲気としては、古典の西洋児童文学の挿絵に使われていそうな絵。マザーグースなんかに通じるような雰囲気を持っています。

横田紗夜

会場センターに飾られている絵は、DMにも使われている絵。熊さんと一緒に森の中を歩く少女はどんな物語のシーンなのでしょう。今回の個展では具体的な題材は採っていないということでしたが。

f:id:take--chan:20180315002240p:plain

これはDMの絵から拝借しました。

横田紗夜

その他の絵も美しい少女なのですが、内面に暗さや残酷さを秘めている感じが伝わってきます。例えて言えばグリム童話のような、表面上はメルヘンなのですが、一皮めくれば残酷さが隠れているような、そんな感じがします。

会期は3月17日までですので、機会があれば原画を見て下さい。

銀座モダンアート モノクロームの心

f:id:take--chan:20180315000725j:plain

6階の銀座モダンアートではモノクロームの心と題して、彩色しない絵とモノクロ写真の展示を行っていました。モノクロの絵は写真に写すと何か嘘っぽくなってしまうため、画廊内で写真は撮りませんでしたが、いつも展示している作家さんのちょっと違う雰囲気の絵を見ることが出来ます。

一枚だけ、川瀬椿生さんがTwiterに展示作品を貼っていたので引用します。

 

こちらも会期は17日までです。

Coming soon

4月9日(月)~4月14日(土)には、銀座モダンアートでは三谷拓也さんの個展、あそびのくにが、隣のギャラリーカノンでは吉森百子さん、中島華映さん、川瀬椿生さんの三人展、NEXT RISE PART.2『〜結〜』が開催されます。素敵なDMをもらってきましたので、宣伝しておきます。

三谷拓也

吉森百子・中島華映・川瀬椿生

 

 

// グローバルナビ(ヘッダーのメニュー)のJavaScriptここまで