絵と旅と花とお散歩

55おじさん会社員の過去に行った旅行の情報、近所のお散歩情報、絵画展の情報を発信します

プライバシーポリシー
スポンサードリンク

旅レポ 渋川でいちご狩り

今日で群馬シリーズは最後です。

そして、タイトルは釣っています。実際にはいちご園に行ってはいますがいちご狩りはしていません。でも摘みたていちごは美味しかったです。 

紅ほっぺ

 

陽一郎いちご園 

お昼を東吾妻町のあづま養魚場で食べた後、予定としては高崎で夕ご飯を食べて帰るだけでした。1-2時間余裕がありますので、行程途中の渋川でいちご狩りをしていこうという話になりました。

イチゴセンター正面

Googleで検索したところ、渋川市内は至る所に観光いちご園があります。その中でも渋川からJR上越線沿いに走る県道255号線で5km程度北上した、渋川市赤城町樽周辺には観光いちご園が密集していました。今回訪問した陽一郎園の他、須田いちご園大畠武雄園原田いちご園と数軒が連なっていました。

陽一郎いちご園はいちごのヘタを背負った真っ赤なビートルが目印になっていますが、他のいちご園も派手な送迎車がいました。

いちご狩りはやるなら午前中に

ところが、いちご狩りは基本的に午前中の受付になるのですね。午後3時ぐらいに伺ったのですが、確かに明日美味しくなりそうないちごがいっぱいあったのですが、今食べて美味しそうないちごが見当たりません。陽一郎園のTwitterで毎日の受付終了時間を告知していますが、土日は午後2時頃には受付を終了しているようです。

いちご

ここのいちご園は水耕栽培でいちごを育てているので、いちごが目の高さに生ります。高設ベンチ栽培というらしいです。これにより腰を屈めないでもいちご狩りが出来るようになりますし、ひと目で収穫時期になっているかが分かります。

いちご

いちごスムージー

いちごスムージー

さて、残念ながらいちご狩りはする事ができませんでしたが、いちごスムージーやいちごどら焼き、いちごかき氷は営業時間中の午後4時頃まで楽しむことができます。場所はいちご狩りを終わった人が休憩する休憩所になります。スムージーはお店の人が作ってくれる他、自分で作ることも出来るそうですよ。

直売もやっています

販売用イチゴ

出荷用のいちごの直売もやっていました。せっかくなので購入して、その場で食べてみました。品種は紅ほっぺと言うらしいですが、大ぶりで、甘さが強く、香りも強くて美味しかったです。

群馬県お出かけ記事 

// グローバルナビ(ヘッダーのメニュー)のJavaScriptここまで