絵と旅と花とお散歩

55おじさん会社員の過去に行った旅行の情報、近所のお散歩情報、絵画展の情報を発信します

プライバシーポリシー
スポンサードリンク

銀座モダンアート 和展III美しい日本のアート

今週の銀座モダンアートの展示は、和展III 美しい日本のアートという、和の美をテーマとした展示です。推しの作家さんが何人か出展していましたので、初日に見てきました。

Discover Japan III

和展III 美しい日本のアート

奥野ビル

会場はおなじみの銀座一丁目の奥野ビル608号室の銀座モダンアートです。

クラシックなエレベーターに乗るといつも俗世間から離れた空間に入った気がします。

今回は和がテーマという事で、和服の女性が多いように思います。

細川成美さん

細川成美さん

細川成美さんは和服の女性2点とポストカードサイズのペン画が数点。和服の女性は、いつもより抑えめのしっとりとしたおしとやかさが感じられる少女になっています。

ペン画の方は、中高生特典付きという事で、中学生か高校生が購入した場合、特典が有るとか。お値段もお小遣いでなんとか買える値段になっています。成美さんらしい企画だと思います。

中島華映さん

中島華映さん

中島華映さんは、過去画3点の展示。いづれも和服のおしとやかな女性です。服の柄もちょっとクラシックな感じで、古き良き時代の日本の女性を彷彿とさせます。

吉森百子さん

吉森百子さん

吉森百子さんさんは圧倒の6枚出し。アナログ3作とデジタル3作です。デジタルの方はちょっと頑張ればお迎えできる値段設定です。アナログの方はこの季節らしい梅柄の和服を纏ったおしとやかな女性。目が色っぽいです。

ワタナベカレンさん

ワタナベカレンさん

ワタナベカレンさんの絵は鬼娘で、可愛らしい角が生えています。鬼娘といっても、とっても優しそうな小鬼さんでした。

和展III 美しい日本のアートの会期は24日まで。23日までは13時~20時、最終日24日は12時~17時です。

なお、お隣のギャラリーカノンでは時計展と題して、時計のある絵画が展示されています。こちらも是非覗いてみて下さい。

 

 

お彼岸のお寺参りの帰り道にちょっと寄り道してみてはいかがでしょうか。