絵と旅と花とお散歩

55おじさん会社員の過去に行った旅行の情報、近所のお散歩情報、絵画展の情報を発信します

プライバシーポリシー
スポンサードリンク

銀座ギャラリー巡り

今週も銀座の画廊で気になる展示がありました。

(追記:9/17 麗人社ギャラリーで行われているの60の顔展は9月14日から後期展示が始まっています。同じ画家さんも作品を入れ替えて展示しています)

銀座モダンアート

 

ARTISTS's CAFE VOL23 @銀座モダンアート 

Artists’ Cafe

最初は、ARTISTS’ CAFE

銀座モダンアートで新人作家を応援するために開催されている展示で、23回目になるそうです。銀座モダンアートでは、女性の新人作家を次々と輩出しています。

吉森百子さん

吉森百子さん

僕のお目当ては吉森百子さん。ちょっとレトロな衣装を纏った、大正ロマンのような物憂げな表情が素敵な作家さんです。

もともとはペンタブで書いていたのですが、最近はアクリル絵の具での描画、さらには岩絵具での日本画的なタッチと、どんどん作風が変わってきていて、描かれる少女もどんどん大人びてきています。彼女の画を見ているのはまだ半年程度ですが、短い間に驚くほどタッチが変わり、かつ成長しているので、毎回拝見するのが楽しい画家さんです。

その他の画家さんの画もそれぞれ個性的で魅力的な画ばかり。これからが楽しみです。

f:id:take--chan:20170829235357j:plain

ちなみに、ARTISTS' CAFEの会期は9月2日まで。9月4日からは「銀座女学院V」と言うことで、制服少女の絵画と写真が展示される予定です。銀座モダンアートはプログラムが毎回魅力的なので、ほぼ毎週通ってしまいますね。

 

60の顔展 

麗人社ギャラリー

こちらは、銀座6丁目にある麗人社ギャラリーで開催されている「60の顔」展です。30人の画家さんが前期・後期それぞれ1点づつ、計2点を出展し、トータルで60枚の美人画が展示されるという企画です。

丁子紅子と細川成美さん

丁子紅子さんと細川成美さん

素敵な絵ばかりでしたが、やはり、日頃応援している丁子紅子と細川成美さんが隣り合って展示されているのは見ていても嬉しいものです。

(追記:後期展示では向かい合わせの展示になっています。作品はこの2点です)

細川成美

丁子紅子

ギャラリー内部

ギャラリー内部

普段お伺いしている銀座モダンアートに比べると、広々とした空間に展示されており、ゆっくりと鑑賞することが出来ます。ただし、展示時間は銀座モダンアートが午後8時まで開廊しているのに対して麗人社ギャラリーは午後7時までですので、両方をはしごする場合はこちらを先にする必要があります。

ここでは、画廊の管理者といろいろとお話したのですが、画廊としては見に来てくれるだけでも十分で、特に好きな画家さんを見守ってくれるファンの人がいることは嬉しいことだと言っていました。もちろん画廊も画家さんも絵を描いて生計を立てていますので、お迎えしてくれるのが一番嬉しい事だとは言っていましたが、必ずしも画の購入が全てではないと。僕のようになかなかお迎えも出来ず、たまに画集を購入するだけの人にとっては嬉しい言葉でした。

 

 

 

 

// グローバルナビ(ヘッダーのメニュー)のJavaScriptここまで