絵と旅と花とお散歩

55おじさん会社員の過去に行った旅行の情報、近所のお散歩情報、絵画展の情報を発信します

プライバシーポリシー
スポンサードリンク

銀座奥野ビル 銀座美少女館と時計展

今週は銀座奥野ビルで2つの展示が同時開催になっています。一つは銀座美少女館、もう一つは時計展です。

 

銀座美少女館 

銀座美少女館は奥野ビル6階、サロンドゥラーでの開催です。

吉森百子さん

吉森百子さんの作品は久しぶりに見たような気がします。少し重めの前髪ともこもこの洋服が相まって、美少女感が演出されています。パナマ帽もいい感じです。絵なのに、柔らかそうなふんわりした触感が味わえます。

真道雅久さん 

最近改名された 真道 雅久さん。右側の鉛筆画の繊細な線が好きです。この絵も、柔らかさが伝わってくる感じがします。

横田紗礼さん

横田紗礼さんは時計展とこちらの両方出し。こちらは下の3枚は視線のキツめの少女、上の一枚はぽわんとした穏やかな感じ。明らかにモデルさんも狙い目も違います。Biteのキツイ目の少女と齧られたチョコレートという構成が面白かったです。

むらまつちひろさん

むらまつちひろさんはいつものように繊細な線を操っています。残念ながら、こちらは原画で見ないとわからないし、原画の強さを感じられる人です。

 

時計展

こちらも奥野ビル6階のギャラリーカノンで開催されています。原画と、縮小複製画に時計を仕込んだ物を一緒に展示する企画です。

織部梓さん 

織部さんは2点出展しています。どちらもパステルトーンの淡い色彩で描かれた美少女画なので、時計の針がよく見えます。よく見ると、少女?少年?中性的なところも、彼女の魅力の一つです。 

北本晶子さん

先週の個展に引き続きの展示です。本人のツイッターを見ていると、就活の合間を縫っての展示だそうで、忙しい中の精力的な活動に頭が下がります。右側の絵は、飛び込み台から飛び込んだ少女がペンギンに変わってゆくという面白い構図なのですが、ペンギンに変わりかけた少女の腰からお尻のラインが妖艶でした。

 

横田紗礼さん

横田さんの作品は美少女感と打って変わって、アオバ小学校の生徒さんを用いたポップな絵となっています。原画には文字盤はありませんが、時計の方にはちゃんと文字盤があります。

 

中島華映さん

中島さんの作品もすごく素敵だったのですが、なぜか写真がうまく取れていませんでした。御本人のツイッター画像に一部掲載されていましたので、こちらを紹介します。

 

どちらの展示も、夜8時までやっています(土曜最終日は午後5時まで)ので、会社帰りにご覧になったらいかがでしょうか。

その他ギャラリーレポ 

www.art-and-walk.tokyo

www.art-and-walk.tokyo

www.art-and-walk.tokyo

 

// グローバルナビ(ヘッダーのメニュー)のJavaScriptここまで